油壺マリンパークの話

油壺マリンパークの話

こんにちはねむです。

今回は思い出の地、油壺マリンパークの話をしようと思います。

南国にいるみたい

油壺マリンパークの閉園が決定

小さな頃から何度も訪れた水族館が2021年9月30日をもって閉園するというニュースは私の中でかなりの衝撃でした。

元々涙腺壊れ気味だし、涙出ちゃうかと思ったわ。

閉園理由はやはり施設の老朽化…

海を眺める娘

ボロかったもんなぁ…高校生の時に行った時既に廃墟感あったもんなぁ…

もう少し立地が良ければ来園者も多くて立て直しとかできたのかな?

でもそのボロさが味があって良いんですよ。レトロ好きな人はぜひとも訪れてほしいです。

アクセス方法

電車の方は京急線に乗って1番端っこ、三崎口駅まで行ったらそこからは油壺マリンパーク行きのバスに乗ればOK。

バスは10〜20分間隔くらいで出ているのであらかじめチェックしてみてください。バスに乗ってからは15分程で到着です。

車の方は横浜横須賀道路の衣笠I.Cで三浦縦貫道路に乗り換え、林I.Cで降ります。

有料道路を降りてからは一本道で渋滞しがちな道なので早めに出発するのがオススメです。

途中でコメダ珈琲やかっぱ寿司、すかなごっそという道の駅のようなものもあって(おいしい野菜や地元のパンなど買えます!)誘惑たっぷりの道となっております。

ヤシの木が出てきたら近い

油壺マリンパークGoogleマップ

神奈川県三浦市三崎町小網代1082

公式ホームページより

レトロ可愛い施設と生き物たち

まず入ってすぐにお土産屋さんがあるという子連れトラップ。笑

我が家の娘はチケットを買っている隙に吸い込まれるようにお土産屋さんへ…まぁそうなるよね。

なんとか説得して施設内へ。

出迎えてくれるのはこれまたレトロなパンダや謎の生き物の乗り物。

もはやここでしかわたしは見たことないんですが。チェキやフィルム写真で撮ると昭和感がすごくて良い写真撮れます。撮影しに行くだけでも楽しいですね。

水族館に入る入り口にはムカシオオホオジロザメの顎歯の復元模型が。

水族館内にもまるで海の中にいるような写真が撮れるブースがあったり。

マンボウやダイオウイカと背比べができるコーナーもあり。

1番の目玉でもある回遊水槽もフォトジェニック。

このように昔な作りにもかかわらず意外にも写真スポットが多く設けられていて、思い出を残すにはもってこいです。

入ってすぐの水槽の飼育49年の重鎮シロチョウザメからはじまり、磯の魚たちや見たことのないカニやクラゲなど数々の生き物が展示されています。

水槽の前は一段上がれるような作りになっていて子供も見やすいです。

自然の生き物ゾーン

かわうそが展示されている横から入っていける、かわうその森。

緑あふれるこのコーナーは小川が流れており、メダカやカエル、何種類かのトンボも見れました。

“飼育していないヘビやタヌキが出る場合があるので気をつけてください”との立て札が。

『ヘビやタヌキが出るなんてすごいね』なんて笑っている側から足元に蛇が現れ、小川を悠々と泳いで行きました。笑

絶滅危惧種の説明などもたくさん書かれており、子供たちの教育にはとても良い場所だと思います。

自由研究なんかにも役に立ちそう。

生き物たちのパフォーマンス

どこの水族館もイルカやアシカのショーがあると思うんですが、油壺マリンパークのパフォーマンスは一味違います!(イルカやアシカのショーもあります)

なんと訓練されたシマダイが指示に従ってパフォーマンスをするのです!

これ、めちゃくちゃすごいことだと思うんですが、ちょっと地味なんですよね…笑

大人の方が楽しく見れるかも。私は、魚ってこんなことできるの!?と感動しました。

2歳の娘はちんぷんかんぷんでしたが。笑

イルカやアシカのショーを行っているファンタジアムがまたとてもレトロ可愛い施設なんです!

劇場風になっていてすごくオシャレ。

入り口にいるマスコットキャラも既に廃墟感あって味があります。笑

この子が枕元に立ってたら怖いな。とか思いながら入場。

ショーの内容は時代劇風になっていてとっても面白い!マスコットのペンギンさんが武将になってショーを進行していきます。

人生楽ありゃ〜苦もあるさ〜♫とアシカがオルガンを弾くのもシュールで笑いが起きる。笑

犬と一緒に楽しめる

愛犬家のみなさんはもうご存知かと思いますが、犬と一緒に水族館を楽しめる場所なんて他にないのでは!?

今回は娘と知人と一緒にきたので我が家の犬はお留守番だったのですが、前述した通りフォトスポットたっぷりなのでうちの犬も記念撮影したい!!!と思いました。

そこらへんで突然うんちしてしまったりするので、閉館までにしつけをばっちりにして連れて行きたいです。笑

ドッグランも小型犬用と中型、大型犬用で分けて用意されているのが嬉しい。25キロ以上の大型犬は予約をすれば専用として利用できるようです。

が、ホームページの記載だとなんだかよくわからないので今度実際に利用してレビューしてみたいと思います。

施設内には犬のおやつも用意されており、ショーだって一緒に楽しめちゃいます。

入り口で500円払って誓約書にサインをすればドッグランはもちろんのこと、水族館の館内にも入れるってとってもいいですよね。

まとめ

海に望む水族館、油壺マリンパーク。

水族館の施設以外にも最高のロケーションや展望台、子供や犬も喜ぶこと間違いなしです。

隣には温泉もあるしマリンパークで疲れたお父さんお母さんはそこで癒されて帰るのもありかも。

秋にはさよならしなければならないので、それまでにぜひ行ってみてくださいね!

では。