恐怖!3歳の娘、指に謎の出来物…子どもにイボができてから治るまで

NO IMAGE

こんにちはねむです。

突然ですがイボってできたことありますか?

単語はよく聞くけど具体的にどんな状態なのかわからないイボ…何なのイボって…

基本的にはお年寄りにできるものなのかな、と思ってました。

そんなよくわからない謎のモノが、かわいい娘のおててにできてから、治るまでのお話。

いつの間にかできていたイボ

娘の左手の人差し指、そいつは突如現れたのである。

何これ…怖い…

触っても痛くも痒くも無さそうで本人はケロっとしてるけど、指自体が細く小さいのでめちゃくちゃ目立つ。

魚の目みたいなもんか…?そのままほっといたら治るのか…??でも見た目が…

緊急性はまったくなさそうだけど、とりあえず行っておくか…と言うことで病院へ。

イボ菌が入った?

いつも見てもらっている皮膚科の無愛想なおじいちゃん先生の元へ。(子どもには優しい。)

いつも診察が激早で、ねぇ本当にそれで平気?もっとじっくり診なくていいの?って思うんだけど、処方された薬を使うとすぐ治るから腕は良いんだろうなと思ってる。

そんな先生は今回も見てすぐ『イボ菌が入ったね〜、傷口かなんかあった?』と。 

なんかあった?って聞くから『指を噛んじゃって…』とかって返事してんのにかぶせて喋ってきて全然聞いてくれない先生…悲しす。笑

そして看護師さん?助手?の女性も行動が早いので常に横に立っていて、先生がしゃべってるそばから薬塗ってくる。

薬の名前とか先生一切言ってないのにすかさず用意するの有能すぎるわ。

本当、診察が秒で終わるので子連れには助かるよね。

原因はささくれを執拗に噛んだ事

最初にささくれを噛んでしまったのをきっかけに止めることができなくなって、ささくれがどんどん悪化→噛むのをやめられない→悪化のループに。

ささやかだったささくれが見るからに痛そうな傷になり、こちらが止めても聞かず、バンドエイドを貼っても剥がしちゃうし…で噛むのを止められなかった。

そんな攻防を繰り返してたんだけど、いつのまにかそこにイボ菌が入って、こんなことになってしまったみたい。

ちなみにこのイボができた事にショックを受けたのか、それ以降ささくれを噛んだりする行為は一切しなくなりました。

こんな小さい子でもちゃんと後悔して行動を改めるんだな、と思うと面白い。

あんなに言ってもやめなかったのに。

オキサロール軟膏

処方されたのはオキサロール軟膏というもの。

乾癬(カンセン)の症状がある部分の皮膚の細菌増殖を抑えて、赤くなったり盛り上がってしまったり、かさぶたが剥がれ落ちてしまうのを緩和する薬。

寝る前にイボの部分に ちょん とつけて、あとは他の部分にはつかないようにバンドエイドを貼っておけばオーケーとの事。 

『皮膚がとけちゃうから他のところにつかないようにしてくださいね』って言われてめっちゃ怖かったんだけど。笑

ただでさえ小さな娘の指ににできた、さらに小さいイボにだけちょんと薬つけるの難しっ!

ここから毎日(たまに忘れつつ)薬を塗る日々が始まります。

娘は『せんせいが〜よるねるまえにぬって〜ばんそこしてくださいっていってたよねぇ』と毎晩嬉しそうに言ってました。

私が忘れててても楽しみにしている娘が教えてくれるので、あんまり忘れずに済んだ。

少しずつ小さくなっていくイボ

毎日繰り返しイボに薬を塗っていったら3日くらいで効果を感じ始め、あっという間に小さくなっていきました。

指の方にあると思ってたイボが、小さくなるにつれ爪の上にある事にビックリ。

最終的には爪の上にポツンとある感じでした。

最後のイボはどうやって消えていくのか楽しみにしてたのに、ある日寝る前に薬塗ろうとしたら跡形もなく消えててショック!笑

10日くらいで完全になくなったかな。

思ったよりもすぐに治ったので、薬の力ってすごいなと改めて実感しました。

娘も『見て〜!!きれいになった〜!治った〜!!』と喜んでいたので一安心。

痛くも痒くもなくてもやっぱり気になるよね。

結局イボってなんなの

さらっとイボ菌とか言われて納得してたけど結局イボとはなんなのか…

一般的に皮膚が盛り上がってできた、小さなデキモノの事全般をイボと呼ぶらしいんだけど、その中で最もありがちなのが“ウイルスの感染してできるイボ”なんだって。

ウイルスに感染…って言い方怖っ

何もない健康な皮膚には基本的にイボウイルスさんが付け入る隙はないらしいんだけど、今回の娘のように傷をつけてしまったり、怪我をしてしまったところにウイルスが入り込んでイボを作ってしまうみたい。

そして子どもにできやすいイボもあれば、老人にできやすいイボもあるし、イボの種類も様々。

本人が痛がってもいないし、かゆがってもいないのでなんとなく様子見というか、優先順位が低めになってしまってたんだけど、イボの種類が多いと言うことは、やはり素人の自己判断は危ないらしいので病院に見てもらった方が良いそうです。

取り返しのつかない何かだったり、跡が残ったりしないようになるべく早くプロに診てもらうのがやはり安心ですよね。

今回特に悪いものではなかったけど、反省。

怪我をしたり傷ついた部分は清潔に保つように意識しておこっと。

ちなみにこの病院に行った時、車で駐車場の段差に乗り上げちゃってバンパーガタガタになったんだけど夫には内緒にしてるんだ、みんな黙っててくれよな!

ではまた!