キャンプ

キャンプアカイケに行った話

今回のキャンプ場は富士山の麓!

これは富士急ハイランド

富士山って見てるだけで幸せな気持ちになりませんか?

海外で雄大な自然を見たことも触れたこともないわたしは人生の中で富士山が1番“自然のすごいやつ”なんですよね。

住んでるのも神奈川なので別に見ようと思えばそこら辺から見えるのですが、近くで見るのと遠くから見るのとじゃ天と地ぐらい差があるんですよ。

(富士山を含めた景色として見たときすごくキレイな場所もあるけど)

そんな毎年誕生日には富士山を見に行くくらい大好きな富士山ですが、今回は曇っていてお目にかかれず…

目次

1. 樹海のキャンプ場

2. 富士五湖、いや富士六湖

3.キャンプ飯

4.まとめ

樹海のキャンプ場

今回お世話になったのはキャンプアカイケという樹海のキャンプ場!

整備された通りやすい道

というか、樹海の中なんだ!?帰ってきてからサイト見て知りました。笑

サイトのトップページに“富士山の樹海でカジュアルキャンプ!”って書いてある~!

どちらかといえば賑やかなタイプの方もOKなキャンプ場なのかな?というイメージで、音楽ガンガン流して騒いでる人達もいたし、夫婦でまったりな方もいました。

ただ結構広いので、私達のサイトはすごく静かに過ごせましたよ!

もしかしたら客層で分けてるのかな~?

ただし道路が頭上にあるような感じだったので車の音が気になる人は気になるかもしれません。

場内には無料のシャワー設備や、ちょっとした売店もあり、自動販売機も設置されていて便利でした。

ターザンやスラックラインもあって、子供も喜んでいました!

はたしてターザンと呼んで良いのだろうか、名称がわからない。

現在は感染症予防のために閉鎖されていましたが体育館なんかもあり、大きな広場もあり、大人数の受け入れもしているようなのでイベントなんかを行ったりもできそうな印象でした!

富士五湖、いや富士六湖!?

富士五湖のひとつである精進湖まで徒歩5分くらいで行けちゃう素敵さ!

ボート借りてのれるのかな?

建物が可愛い

釣りも気軽に楽しめるとか。

近くにアクティビティがあるっていうのは子供連れには助かりますよね。

そしてキャンプアカイケの名前にもあるように、幻の湖なるものがなんとキャンプ場内に!

ネットで調べてみるも6.7年に1度しか見れない神秘的な湖だという記事から、頻繁に見れるただの残念な水たまりだという記事まで様々でした…笑

今回の場所はその幻の赤池から2番目くらいに近いサイトだったのですが、見に行く人を結構見かけました。

2週間くらい振り続けた雨のおかげで幻の赤池が出現していたようで、運良く(?)見ることができました!

赤池までの道のりは探険気分になれる

旦那と息子は第一声に『水たまりじゃん…』と呟いてましたが、わたしは実は心中で『わぁきれい!』と思っていたのですが、

なんとなく言いづらかったので黙ってました。笑

でも本当綺麗でしたよ!

水たまりかな…

そしてメダカらしきものとかいたけど水無くなったらどうするんだろうと思いました。

キャンプ飯

初めての試みだったんですが、今回お刺身を持って行ったんですよ!

前日の遅い時間にスーパーに行って半額で手に入れたお刺身を!!

ポテチはおいしいに決まってるし

これが本当に大正解で。

舐め腐った時間に家を出発したせいでガッツリ渋滞にハマり通常の倍以上の時間をかけてクタクタになりながら到着。

からの、汗だくで設営。

ビールうまい!刺身最高!でした。笑

もう疲れてるしお腹も空いてるしで火を起こす前になんか入れたいっていうワガママを叶えてくれたスーパーの刺身ちゃん。

しかも2日目の刺身ってまろやかになっておいしいんですよ。

2日目と呼ぶのかどうかはよくわかりませんが。

そして夜は餃子!

写真見るだけでよだれ出る

わたしが間違えて二個注文してしまって謎に2つ家にあるユニフレームの鉄板に冷凍餃子を並べて、じっくり焼きました。

これがまた上手に焼けて、最高においしかったです。ただの冷凍餃子も自然の中で食べたら何よりご馳走です。

冷凍餃子は家で食べても最高においしいんだけどね!!

今回はあえてバーベキュー的なことはあまりしない方向で考えたので刺身や餃子になりました。

2日目はチェックアウトを17時まで延長して、ゆっくり朝ごはんや昼ごはんを食べました。

チェックアウトを延長するのも11時→17時に変更で2200円とリーズナブルだったのが嬉しかったです。

朝はホットサンド、昼は家で切って漬けておいた鶏肉を焼いて食べました。

ホットサンド

鶏肉は生姜やニンニク、醤油と胡麻油などなどで漬け込んだものにしたんですが、完全に唐揚げの味でした!

衣がない唐揚げ…あ、あと揚げてもない…

でもおいしかったですよ!おためしあれ。

まとめ

キャンプアカイケさんは本当に静かなキャンプ場を好む方には向いていないかもしれませんが、設備としては綺麗で過ごしやすかったです。

幻の赤池、ぜひぜひ見に行ってみてくださいね!

日常で経験したこと、気になったことを書き綴っていきます。 承認欲求をこねて形成したやつがわたしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です