生活,  製品レビュー

早めに治せ!口内炎との戦い

口内炎が痛くて痛くて夜も眠れません。

こんにちは、ねむです。

せっかくおいしいご飯を食べても、おいしい飲み物を飲んでも、口内炎が一つあるだけで全然楽しめなくなります。

口内炎が憎いです。

わたしは元々口内炎ってそんなにできる体質じゃなかったんですが、娘を妊娠した時から口の中に何個もいっぺんにできるほど多発する様になりました。

今まさにお困りの方は恐怖の口内炎をわたしがどうやって治しているか、参考にしてみてください。

目次

1. 口内炎ができる原因

2. 口内炎の種類

3.口内炎を予防しよう

4.口内炎を治す方法とおすすめの薬

5.まとめ

1.口内炎ができる原因

そもそもなぜ口内炎はできるのでしょうか?

一概には言えないようですが栄養バランスの偏りによって抵抗力が弱っていたり、精神的ストレス、はたまたウイルスが原因の場合もあるようです。

端的に言って理由はハッキリしていないと言うことですね…

ただわたしの場合、口の中の内側や舌を噛んだ時はの傷はその後100%口内炎に進化しています。

噛んでしまったらもうおしまい、口内炎との戦いが始まるのです。

2.口内炎の種類

わたしは口内炎ができるたびに『悪い病気なんじゃ…』『まさか舌癌では…』と、不安になるので敵の種類について少し調べてみました。

[アフタ性口内炎]

最も多い、よく見かける白に赤縁のアイツです。1、2週間くらいでだんだん小さくなって跡形もなく消えます。

[カタル性口内炎]

噛んでしまったり、入れ歯や矯正器具が当たってできた傷が口内炎に進化するパターンです。唾液の量が増えて口臭の原因になる事もあるそうです!最悪ですね。

[ウイルス性口内炎]

こちらは多種多様で色んな品揃えがあるようです。ヘルペスウイルスという接触感染や飛沫感染などでうつってしまう口内炎の他に、性感染症(梅毒、淋病、クラミジア等)が原因の口内炎や、元々常在しているカンジダが弱った体で増殖して口内炎になるパターンもあるそうです。

[その他口内炎]

アレルギー物質により引き起こされる、アレルギー性口内炎や、喫煙などで口内がニコチンにさらされることによって起こるニコチン性口内炎などがあるようです。

いやぁ、思ったよりたくさんの口内炎の仲間たちがいましたね…恐怖しかないです。

どの種類の口内炎なのか、素人が特定するには少し難易度が高そうですね。

口内は体調のバロメーターとか言うくらいですし、なかなか治らない場合は病院に行ったほうが良いでしょう。

3.口内炎を予防しよう

上記に記載して通り、たくさんの種類の口内炎があるので予防もなかなか難しいかと思います。

舌や頬の裏側を噛んでしまってできる口内炎は、ゆっくりご飯を食べるなどして噛まないように工夫するとか、矯正が当たって傷になってしまう人は行きつけの病院や歯医者さんに相談してあたらないようにしてもらう等、やりようはありますよね。

あとは口内炎に限らずバランスよく栄養を摂ってたくさん寝て適度に運動して健康を維持することが大事なんでしょうね…

口で言うのは簡単ですけどね…

忙しかったりすると疎かになることが多いですから。

実際わたしお菓子ばっかり食べてるからか、しょっちゅう口内炎できてますからね…笑

4.口内炎を治す方法とおすすめの薬

そうです、いくら気をつけてても口内炎は突然やってくるのです。

というか口内炎ができてない時は口内炎のことなんて忘れてるんですよね、喉元過ぎれば熱さを忘れるんです。

そしてまた痛くなってから思い出すこの痛み…

ではできてしまった口内炎はどうしてやった良いのかわたしのおすすめの方法教えちゃいます。

まずはこまめにうがいして、口の中を清潔に保ちます。このとき、うがい薬を使用して清潔度をアップさせています。

わたしが使用しているうがい薬は、2種類あります。

薬用マウスウォッシュ

コンクールF

グルコン酸クロルヘキシジンという殺菌成分で、12時間も効果が続くんだとか!

すごくスッキリして寝起きの口内も清潔に保たれてるような使用感があります。

朝起きたとき口がねばつくのを感じる人にはとくにおすすめかもしれません。

歯医者さんで出してもらえるので相談してみてくださいね!

1つあるだけで長持ちするのでコスパも良しです。

そしてもう一つは、

昭和製薬のイーレスうがい薬

プッシュ式で使いやすく、後味もとっても爽やか!何度もリピートしている優れものです。

300mlで約980円のコスパの良さに加え、イソジンのような赤いうがい薬と違って洗面所やコップに色がつかないところもお気に入りです。

子供がうがいすると赤い液体が飛び散るんですよね…

『うがいした程度じゃ治らないよ!』という方はこちらのトラフル軟膏がオススメです。

使いかけ写真ですみません。

わたしはうがいで口内を清潔にしたあと、ティッシュで口内炎を軽く抑え、水分を取ったあと綿棒で塗っています。

ザラザラとした感じの軟膏で、塗ると糊のようにベタっとする感じです。

痛さが我慢できない!今すぐ何とかして!!

という方はこちらのデンタルクリームが本当にオススメです。

薬局で買う際には、麻酔みたいに痺れた感じになりますが大丈夫ですか?(こわっ)

と、薬剤師さんに聞かれたほどに麻酔感があります。

こちらもティッシュで水分を抑えた後に綿棒で塗るとジーンと麻酔が効いているような感じになり、痛みが消えます!

今だ!その隙にたくさんご飯を食べます!!!笑

わたしはこの薬初めて使ったとき『もうこれ無しじゃ生きられない…』と思ったもんですよ。

痛みが強くて我慢できない時、本当にオススメです!!

5.まとめ

これを読んでいる人は今まさに口内炎と戦っているのでしょうね…

予防するのはなかなか難しいかもしれませんが、できてしまった時でも優秀な薬を駆使して快適に生活しましょう!

ちなみに民間療法で“塩を塗り込むと早く治る”というのがありますがめちゃくちゃ痛いだけなのでやらない方がいいですよ!笑

あと飲み物はストローで飲むといくらかマシです。

それではまた!

日常で経験したこと、気になったことを書き綴っていきます。 承認欲求をこねて形成したやつがわたしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です